ライン
ご挨拶
ライン


お茶は、日常茶飯事という言葉ができているほど、私たちの生活にすっかり溶け込んでいます。親しい友人との歓談のひとときに出される一碗の茶は、私たちの心をなごませ、会話を一段とはずませてくれます。また心静かに一人味わうお茶は、芳しい香りが五臓にしみわたり、心身に安らぎを与え、深い生の息吹を感じさせます。
煎茶道は、こうしたお茶を最もおいしく、そして楽しくいただこうとして、作法化されたものです。お茶は、趣味としてすぐれているばかりでなく、人間形成にも役立ちます。一つのお手前の所作には、およそ半時間近い時間を要します。その間、緊張の連続です。その錬磨の積み重ねは、ともすれば惰性に流されがちな私たちの生活に気合いを吹き込み、生き甲斐を感じさせてくれます。また、何げない物腰にも、しとやかさと奥床しさが身につきます。内面からにじみ出る魅力こそ、真の美しさと申せましょう。
方円流は、平等の精神、人間愛の心、個人の尊重といった煎茶の心を、お茶を通して多くの人たちに伝えたいと願っております。
また、平凡の中に非凡の精神を宿す日本文化が世界の文化に通じる道と考え、その一翼を担う煎茶道文化の普及発展に寄与したいと願っております。